ゲームパソコンを購入する際のポイント

ゲームパソコン購入前に知っておきたい3つのポイント

 

ff14やドラクエ10などのMMORPGは、高画質な3Dグラフィックのゲームに分類されます。

そのため、これらのゲームをするためには、ある程度スペックの高いパソコンが必要となります。
ゲーム用のパソコンを購入する際、注目する点は3つあります。

 

CPU

 

まずは、CPUです。

CPUは、パソコン全体の処理を行うパーツで、頭脳といったところです。

数値(GHz)という単位で表されており、この数値が高ければ高い程、高性能と言えます。

また、銘柄となるCPUの種類も様々あります。

高度な性能が要求されるゲームにも十分対応できるものとして、「Core i7」や「Core i5」を選んでおけば間違いないでしょう。

 

メモリ

 

次に、メモリです。

メモリとは、データを一時的に置いておく場所です。

このメモリの性能が低いと、ゲームをスムーズに行えなくなります。

メモリは、大容量であればあるほど、快適にゲームを楽しめますが、その容量に比例して価格も上昇します。

問題なくゲームを行うためには、最低でも8GBは欲しいです。

8GB~可能なら16GBあれば、快適なゲーム環境が整います。

 

ビデオカード

 

3つ目は、ビデオカード、グラフィックカードと言われるものです。

これは、画像を表示するための大切なパーツです。

3Dグラフィックゲームにおいては、最も重要なものとなります。

最新のゲームであるff14やドラクエ10では、かなり高性能なものが必要とされます。

ちなみに、ff14では、「GeForce 8800」以上の性能のものが推奨されています。

 

ドラクエ10は、キャラクターの可愛さから、下は小学生からその親世代までの幅広い年齢層のプレイヤーが遊んでいます。

その点、ff14の方が、少しゲーム内容が複雑な面があるため、下は中高生から上は40代、50代と、少し高めの年齢層となっています。

 

これらのMMORPGは、無料期間サービスなどを利用して、一度試しに遊んでみるのが良いでしょう。