好きなようにカスタマイズできるBTOパソコン

メーカー製パソコンとBTOパソコンの違いとは

 

パソコンには大きく分けて、「メーカー製パソコン」と「BTOパソコン(自作機)」があります。

 

メーカー製パソコンは、始めからCPUやメモリ、マザーボードなどがあらかじめすべて組み立てられており、店で購入するだけですぐに家で使えるような状態になっている商品です。

 

BTOパソコンは、Build to Order の略です。

すべての部品を自分好みにカスタマイズして、自分の使用目的に合わせたパソコンを作り上げることができます。

 

ただし注意したいのは、自作パソコンは、自分で組み立てる作業を必要としますが、BTOパソコンは、自分が選んだ部品を注文すると組み立てた状態の商品を手に入れることができます。

 

BTOパソコンがメーカー製パソコンよりも優れている点としては、自分の用途に合わせたパソコンを手に入れることができる点です。

特に、3Dゲームのような本格的なオンラインゲームを目的としているなら、グラフィックボードの性能を高めたり、画像処理が速くなるCPUを搭載させることで、スムーズに遊ぶことができるようになります。

 

またBTOパソコンは、パーツ交換や増設などが容易にできるので、より高性能なものを希望した時などに便利です。

特にゲームを目的として購入する場合、メーカー製パソコンだとグラフィックボードが搭載されていないことが多いため、自由にカスタマイズできるBTOパソコンの方が向いていると言えます。

 

BTOパソコンは、店頭だけでなくネットなどでも簡単に注文して購入することができます。

代表的なメーカーとしては、「ドスパラ」、「マウスコンピューター」、「DELL」などがあります。

最近は、部品を自分で単品ごとに購入して組み立てるよりも、BTOメーカーでまとめて注文した方が割安になることが多いです。