ビットコインの大まかな説明と利用用途について

ビットコインというのは仮想通貨の一種です。仮想通貨と言われると、あまり聞き慣れない言葉からか、少々疑ってしまう人がいるようです。しかし、電子マネーと言葉を置き換えたらどうでしょうか?

 

SuicaやEdyなど、私達は普段から電子マネーを使っています。ビットコインは同じようなものです。現実には存在しないお金ではあるが、電子上では実在しています。作られた経緯などは違いますが、ビットコインも同じように扱えます。

 

ビットコインが普通の電子マネーと違うのは、私達が自力でビットコインを手に入れられることです。パソコンなどのを働かせることで、ビットコインを掘ることができます。仮想通貨と呼ばれている種類の類は、これ全てが当てはまります。

 

ただし、相当のマシンパワーを必要としますし、世界中に存在しているまだ利用されていない仮想通貨枠(ビットコイン枠)の取り合い、ペイの取り合いなので、現実的ではないでしょう。仮想通貨、ビットコインが電子マネーと違う部分は他にもあります。

 

それは、現実世界のお金と交換できることです。通貨の両替という認識をしてもらえば良いと思います。そんなビットコインですが、将来性はどうでしょうか?最近ではビッグカメラでビットコインの支払いができるようになりました。為替などでもビットコインを通して支払いができるようになっています。

 

そういった意味では、将来性はバツグンと言えるでしょう。また、ビットコインでゲームというよりは、ゲームを利用することで、ビットコインを稼ぐことはできます。

 

例えば、パソコン上で起動できるアプリケーション、スマートフォンで起動できるアプリケーションの中に、アクセスするとビットコインをプレゼントして貰ったり、毎日ゲームをすることで手に入れることができるなどです。

 

ゲームの内容は様々で、筆者が知る限りでは、スマートフォンのタップやスワップを利用した、アクションゲームでビットコインが貰えます。当然ながら、ビットコインを受け取るには、ビットコインのウォレットが必要なので、事前に用意しておかなければなりません。ビットコインを取り扱ってみたいなら、ビットコインをやり取りできる口座を作ってみてください。