初心者が買いやすいように工夫されています

フロンティアでゲーミングPCを買うことはいい選択だと思います。
特徴としては、PCの選択が豊富にできることがあります。

フロンティアの場合は、ノート型とデスクトップ型のPCを選べるようになっていますが、ゲームの種類ごとにそれぞれのPCを選べるようになっています。
キャラの動きが多かったり、高画質のゲームだったり、ゲームが複雑になってきたりすると、高性能のPCが必要になってきます。

その辺りもしっかりと考えられており、ベンチマークスコアを表示させてゲームに合わせたPCを用意させています。
ノートPCの場合は、キーボードにバックライトを採用しています。
バックライトがあると、夜間にゲームをするユーザーはうれしいのではないでしょうか。

デスクトップPCの場合も、プレイしたいゲームから選ぶこともできますし、ベンチマークスコアから選べることもできますが、フロンティアの場合はさらにカスタマイズをして注文できる製品も用意しています。

たとえば、CPUやメモリーにはあまりこだわらなくてもいいけれど、グラフィックボードにはこだわりたいのなら、グラフィックボードにはお金をかけてカスタマイズすることも可能です。

どの部分をカスタマイズしていいのか分からなければ、推奨されているパソコンを買うのも方法としてはいいのですが、カスタマイズをする部品についても説明されているので、特にデスクトップPCを買おうと考えている初心者にとっては、ゲーミングPCを買うにはハードルが低いのではないでしょうか。

ビットコインの大まかな説明と利用用途について

ビットコインというのは仮想通貨の一種です。仮想通貨と言われると、あまり聞き慣れない言葉からか、少々疑ってしまう人がいるようです。しかし、電子マネーと言葉を置き換えたらどうでしょうか?

 

SuicaやEdyなど、私達は普段から電子マネーを使っています。ビットコインは同じようなものです。現実には存在しないお金ではあるが、電子上では実在しています。作られた経緯などは違いますが、ビットコインも同じように扱えます。

 

ビットコインが普通の電子マネーと違うのは、私達が自力でビットコインを手に入れられることです。パソコンなどのを働かせることで、ビットコインを掘ることができます。仮想通貨と呼ばれている種類の類は、これ全てが当てはまります。

 

ただし、相当のマシンパワーを必要としますし、世界中に存在しているまだ利用されていない仮想通貨枠(ビットコイン枠)の取り合い、ペイの取り合いなので、現実的ではないでしょう。仮想通貨、ビットコインが電子マネーと違う部分は他にもあります。

 

それは、現実世界のお金と交換できることです。通貨の両替という認識をしてもらえば良いと思います。そんなビットコインですが、将来性はどうでしょうか?最近ではビッグカメラでビットコインの支払いができるようになりました。為替などでもビットコインを通して支払いができるようになっています。

 

そういった意味では、将来性はバツグンと言えるでしょう。また、ビットコインでゲームというよりは、ゲームを利用することで、ビットコインを稼ぐことはできます。

 

例えば、パソコン上で起動できるアプリケーション、スマートフォンで起動できるアプリケーションの中に、アクセスするとビットコインをプレゼントして貰ったり、毎日ゲームをすることで手に入れることができるなどです。

 

ゲームの内容は様々で、筆者が知る限りでは、スマートフォンのタップやスワップを利用した、アクションゲームでビットコインが貰えます。当然ながら、ビットコインを受け取るには、ビットコインのウォレットが必要なので、事前に用意しておかなければなりません。ビットコインを取り扱ってみたいなら、ビットコインをやり取りできる口座を作ってみてください。

小さくて高性能なので普段使いには最適

ミニパソコンといえばこれまで、とりあえず利用できればいいという印象を持っているかたが多く、解像度が性能も低くて小さいくせにファンが煩いなどあまり使い勝手がいいものではないというイメージがありました。

 

しかし、近年ではそうしたネガティブなイメージが一新されつつあります。性能も解像度も高く4K対応のものまで登場、ファンも静かで発熱も抑えられている、しかも小さいので置き場所にも困らないと進化してきました。

 

機種によっては一般的なデスクトップパソコンと引けを取らない性能のものも出てきていますので、据え置きが欲しいけれどもスペースを取らないものがいいというのであれば充分に選ぶ価値はあります。

 

しかし、高性能のミニパソコンが増えてきたといっても、やはりいま一つ物足りなさを感じてしまうスペックではあります。ネットサーフィンやメールのやり取り、動画視聴程度の使いかたであればストレスなく利用することが可能です。

 

しかし、動画編集を行ったり3Dグラフィックのゲームや高速処理が必要になってくるオンラインゲームをやるにはもたつきを覚えてしまうことが多いでしょう。しかもミニパソコンは大抵CPUがマザーボードに直付けなので、後からグレードアップさせることはできません。

 

そうした目的をメインで使用したいのであれば、スペースを何とか確保してハイスペックCPUが搭載されたパソコンを購入したほうが安心です。

 

ただ、ミニパソコンは安さも魅力的ですし、ゲームにばかり使うわけではなければ普段使いには満足できます。

気軽にPCを使いたい方にオススメ!スティックPCとは?

皆さん、スティックPCにどういったイメージがありますか?

女性の方なんかだと使ってみたいと思っていてもわからないことも多くてなかなか手が出せないなんて方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方の為にスティックPCについてお伝えいたします。

・スティックPCとは?

まずスティックPCとは簡単に言ってしまうと小型のパソコンです。

USBポートがある液晶画面に差し込むだけでそれがPCになってしまいます。

サイズ的には手のひらサイズで持ち運びも便利ですし、USBポートさえ付いていれば普通のテレビ画面でもPCに早変わりです。

・スティックPCで出来ることは?

スティックPCは手のひらサイズで出来ることが少ないんじゃないかと思われる方も居られるのではないでしょう。

しかし、普通のPCに出来ることはまず出来ると思っていいでしょう。インターネットに接続してネットサーフィンをしたり動画を見たりなんて当然出来ますし、機種によってはWordやExcelなんかも入っているものがあるのでちょっとした作業なんかも出来ます。

・ゲームは出来る?

これは難しいポイントです。

あなたがどれぐらいのものを期待するかにもよりますが出来なくはないというぐらいのものでしょうか。

スティックPCはそこまで高性能な訳ではないので1秒を争うようなガチのオンラインゲームには 向いていませんし、プレイ自体が厳しいと思います。

しかし、そこまでの通信を求めないゲームならプレイは可能性です。

・まとめ

ここまでスティックPCについてお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

差し込むだけで手軽にPCが使えるようになりますので非常に便利です。

余っているテレビなんかをお持ちの方は再利用に使ってみて下さい。

スティックPCはメリットもデメリットも多いけど便利

最近は様々な便利な物があります。
スティックPCなんて物も発売されましたが、これはどんな物なのでしょうか。

 

スティックPCとは、家にあるテレビをパソコンの代用に出来る物です。
スティックPCを普通のデジタルテレビの裏にあるHDMI端子に差し込みます。
それだけでデジタルテレビをパソコンのモニター代わりに出来るのです。

 

大きさは小さくガラケー位のサイズです。
無線のキーボードと無線のマウスを用意すればもうパソコン代わりに使用出来ます。

 

スティックPCは小さいサイズなので何処にでも持ち運べるのが魅力です。
出張や旅行先、友人の家にも持っていけるのです。
価格も安くお手軽なので、サブPCとして人気の品です。

 

しかしデメリットも多くあります。
まずお手軽で価格が安い分、性能もそれなりなのです。
性能は大体がタブレット端末並か、良くてノートPC並の物がほとんどです。
なのでネットサーフィンや動画を楽しむ事は問題ありません。

 

しかしオンラインゲームを楽しむ事は出来ないと思った方が良いでしょう。
勿論ゲーム次第なので、スティックPCに負担のかからない軽いゲームなら大丈夫です。
本格的なオンラインゲームは、諦めた方が良いでしょう。

 

夏場の暑さにも弱い事もデメリットです。
冷却機能が搭載されていない物が多いので、すぐに熱が籠ってしまいます。
なので気温が高い日は熱で調子が悪くなりやすいのです。

 

テレビに差し込むだけでパソコン代わりになる便利なスティックPCですが、メリットもデメリットも数多くあります。
仕事や動画鑑賞等はサブPCとして使用出来ます。
しかしオンラインゲームを楽しむのは無理だと思った方が賢明です。

ポケットWi-Fiでネトゲ?

オンラインゲームにもたくさんの種類があり2Dのものから3Dのものまでいろいろあります。

そのなかでもとくに重要なのは回線のスピードが早いか遅いかよりもどのくらい安定しているかなのです。

 

ポケットWi-Fiというと速度ばかりにきをとられて気にしてしまいますが問題はスピードよりも安定性が重視されるのです。

回線そのもののスピードが速くても、回線に安定感がなく不安定だとネットゲームで周りの一緒にプレイ仲間たちにもとても迷惑がかかります。

 

ネットゲームでの醍醐味であるオンラインで同時にプレイするということは他のユーザー仲間とデータを共有することに繋がります。
遅いユーザがいれば自然とボトルネックになってしまいます。

一人が遅ければ周りに迷惑がかかってしまうのです。

 

そのまま続けたとしても、ゲーム仲間に遅いから、とか嫌味な文句を言われ、ゲーム自体が嫌になってしまう恐れがあります。

オンラインゲームからのネット回線への要求は高くて、回線をかなり頻繁に使う動画サービスやストリーミングよりもかなり大変です。なぜなら受け入れるだけでなく発信するというお互いの通信の必要性があるからなのです。常時お互いの通信が必要なデータ量や回線のスピードが上昇してしまうのです。

 

ネットゲームで自分から送信したり同時にプレイしているユーザの情報を受信することでたくさんの容量を必要として、例えばゲームをするとパソコンが熱を持つのにはそんな理由からなのです。

ポケットWi-Fiでもネットゲームはできますが、安定性を重視しましょう。

ノートパソコンでMMORPGを遊ぶのに必要なポイントとは?

MMORPGは、たいていの場合3Dグラフィックを画面に使用したハイスペックなオンラインゲームです。

そのため、こうしたMMORPGを快適にプレイするには、高性能なパソコンを使用することが理想なのですが、ノートパソコンでもプレイできないことはありません。

 

ただし、使用するノートパソコンを適切に選択しないとまともにプレイできないという可能性が十分にあります。

そこで、今回はどういったポイントでノートパソコンを選べばよいかを説明します。

【MMORPG用のノートパソコンを選ぶ】

MMORPGは、とても高性能なパソコンでなければ、快適にプレイすることができません。

それは、そうしたゲームが膨大なデータや高解像度のグラフィックを必要とするからです。こうした側面から考えると、MMORPGに適したパソコンはデスクトップパソコンですが、ノートパソコンでも条件によってはちゃんと遊ぶことができます。

 

そして、こうした場合に求められる条件は、CPU(パソコンの最も中心的なパーツ)・メモリ(データの保管場所)・ビデオカード(グラフィックを左右するパーツ)の3つが過不足なく備わっていることです。これさえあれば、ノートパソコンでもMMORPGを快適にプレイできるのです。

 

しかし、こうした要素は、ノートパソコン本来のメリットである持ち運びやすさや消費電力の小ささと相反するものなのです。つまり、ノートパソコンでゲームがしたいなら、他の用途では使いづらいということを覚悟しなければなりません。

 

さらに、高性能なノートパソコンは当然普通のノートパソコンより高価格になるため、金額と性能のどちらを優先するかよく考える必要があります。しかし、安すぎれば当然快適なプレイは望めないので、ある程度の出費は避けられないでしょう。

【まとめ】

このように、ノートパソコンでMMORPGを遊ぼうと思ったら、他の用途には不便になるし、金額も高くなります。

よって、ノートパソコンを選ぶ際には店員の方に説明してもらいながら、十分に検討したうえで購入しましょう。間違っても、適当に買わないようにしてくださいね。

ノートパソコンでゲームをする際の注意事項とは

パソコンでドラクエ10やFF14をプレーする上で一番重要なパーツは何かといえば、それはグラフィックボードやビデオカードと呼ばれるグラフィック関連のパーツになります。というのもこのグラフィック周りの性能が低ければ、ゲームをしている時に画面がカクカクするばかりか、最悪ゲームが動かなくなるからです。

 

ですがこれらの部品は、ネットサーフィンやネットショッピングといった、一般的なパソコンの使用用途においてはそれほどのスペックが要求されないために、あまり高性能なパーツが使われていないことが多いです。特に低価格のパソコンになればなるほど、価格を抑えるためにその傾向が強くなります。

 

それを踏まえた上で、そもそも何故ノートパソコンがゲームに向いていないと言われているのかといえば、ノートパソコンは特にこのグラフィック関係に力を入れていないからです。それどころか多くのノートパソコンは、これらのパーツを初めから入れておらずに、オンボードと呼ばれるマザーボードに搭載されたグラフィックを使っているくらいなのです。

 

このようなことがあるので、ゲームのためにノートパソコンを購入する場合には、まずはグラフィックがどうなっているのかを確認しておく必要があります。後から自分で補強するという方法もありますが、こちらは専門の知識が要るのであまりおすすめができません。

 

ゲーム目的に特化しているゲーミングPCと呼ばれるパソコンは、この点を最低限クリアしている場合がほとんどなので、よく分からないという人は初めからゲーミングPCを選んでおくといいでしょう。

初心者・女性もこれなら安心!すぐわかるゲーミングPCの選び方

友達とヴァナディールを旅してみたい
ドラクエの世界に入ってみたい
MMORPGをプレイしたいと思っている初心者や女性は多く見られますが、PCの種類や用語がよくわからなくてなかなか手が出せないという声もよく聞こえてきます。
今回は、そんな皆さんのため、ゲーミングPCの選び方についてご紹介します。

 

まずノートPCとデスクトップ型PCのどちらを選べばいいかですが、不都合がない限りデスクトップ型をオススメします。
その理由は、同じ価格ならデスクトップ型の方がハイスペックであること、本体が熱くなりがちで高負荷のかかるゲームはあまり向いていないこと、などがあげられます。
この「本体が熱くなりがち」というのは意外に重要で、熱暴走でゲーム中にPCが止まってしまったり、最悪の場合PCが壊れてしまうこともあります。
少し値は張りますが、できればデスクトップ型で水冷性のものを選びましょう。

 

続いてゲーミングPCを選ぶ際にもっとも重要な、グラフィックボード(ビデオカード)についてご説明します。
ゲーミングPCに使われるグラフィックボードでもっとも人気が高いのは、NVIDIAのGe-Forceです。

 

最新性能を求めるなら現時点ではGTX1060や1070などですが、快適に動かすだけで良いならここまでのスペックは不要です。
基本的に自身の予算に合わせて選ぶべきですが、MMORPGゲーマーがもっともお金をかけるところは、このグラフィックボードです。

 

その他、CPUやメモリのスペックも、ゲームを快適にプレイするため重要です。
CPUは、安定した動作でゲーム向きと言われているのがIntel社のCoreシリーズです。
CPUCorei5以上、メモリは8GB以上を目安にした上で、上記のポイントを参考に選んでみてください。

ゼロから始めるゲーミングPCの選び方

知識もなく、経験もないけどFF14やドラクエ10といったやりたいと思ったゲームがあってゲーミングPCを新調しようかと思っている人に向けて、選ぶポイントを紹介したいと思います。

 

まずゲーミングPCとはなにか?ということからなんですが、ゲームをするための能力を備えたPCを店が独自にパーツを組み合わせて作ったもので、組み立てる店によって構成が多少違うんです。

 

構成の違い、パーツの違いということになると難しくなってきたと思ったり面倒だと思ってしまって困ってしまう人もいるかもしれません。

 

PCやパーツに関する知識はいらないという人は、ゲーミングPCを売っている店やサイトの中でも有名な所、例えば検索してみて上位にくるような所で買ってしまうのが安心です。

 

多くの人が見ていたり、実際買っているというゲーミングPCを選ぶことが出来ますし、なにより初心者に嬉しいのはやりたいと思うゲームに合わせて、それぞれのゲームが推奨するスペックを満たしたゲーミングPCを用意してくれていることです。

 

狙っているゲームの推奨モデルを買えば間違いなく狙っているゲームができますし、例えばFF14推奨スペックモデルを選べばスペック自体が高めの場合が多いので、ドラクエ10もサクサク動くなど、他のゲームもプレイ可能です。

 

スペックの高さの目安は価格です。
単純に価格が高ければ高いほどスペックが高いということなので、狙ったゲームはもちろん、他のゲームも出来る可能性が高まります。
価格を抑えたい場合、2つか3つやりたいゲームがある場合は狙っているゲームがプレイ可能かどうか店の人に聞いてみたり、質問のメールなどを送って明確な返答を受けることが近道です。

 

スペックや構成について詳しく知りたいと思う人であれば、CPUやグラフィックボード、メモリなどの各店の違いを見比べてパーツ毎の知識を自分で増やしていけば、構成を見ただけでどのゲームが出来るかといったことも分かってくるはずですし、よりPCを選びやすくなることでしょう。

実店舗のあるゲームパソコン通販と言えばこの3つがおすすめです

実店舗のあるゲームパソコン通販はこの3社がおすすめ

 

電化製品は通販で買うのは勿論ありだと思いますが、実店舗があるならば実際に目で確かめて、その上動作確認をしてから購入すると安心できると思います。

さて、実店舗のあるゲームパソコンショップと聞いて思い浮かぶのは私の中では3つあります。

 

それは、「ドスパラ」と「パソコン工房」と「マウスコンピューター」です。

いずれもかなり知名度がありますので、BTOパソコンに少しでも興味がおありならば聞いた事があるかもしれません。

 

ドスパラは秋葉原を拠点として全国にありますが、数でいうならパソコン工房の方が圧倒的に多いと思います。

私の地元にもパソコン工房があり何度か修理などで行った事があります。

 

ドスパラの良いところはハイスペックパソコンに強いところ、そして価格が抑えめなところではないでしょうか。

パソコン工房の良いところもだいたい同じと考えて良いでしょう。

ですが、店舗数を考えてみますとパソコン工房の方が行きやすいかもしれません。

 

マウスコンピューターも、なかなか良いゲームパソコンを購入できると思いますので、おすすめですよ。

他にも沢山のゲームパソコンショップがあると思いますが、この3つが自分の中では最強かなと思っています。

 

地元の話になりますが、パソコン工房は電話対応も良かったですし、実店舗の対応も大変良かったので、お気に入りのショップとなりました。

 

いくつかご自身で訪ねてみてから決めても遅くはないと思います。

良いパソコンを購入できると良いですね。

自分が望むスペックを実現できるのがBTOの特徴

通常のパソコンは大量生産品として扱われており、決められたスペックで運用することとなります。

これは一見すると安く購入できていいことのように思われますが、実際にはスペックが不足するような状態となってしまい、オンラインゲームには向かないようなパソコンを購入することになります。

 

そこで利用するのがBTOパソコンです。

 

これは受注生産によって作られるパソコンを利用して、オンラインゲームに特化したスペックを手にすることができます。

この利点が他のパソコンとは大きく違っている部分です。

 

受注生産であることも大きなメリットとなっており、自作パソコンのように組み立てるという作業をしなくても問題はありません。

自分が思っているようなスペックを、業者側で作ってくれることが一番いい所です。

 

手間がかからないだけでなく、しっかりしたスペックで提供してくれるという所が良くて、ゲームを中心にプレイしているユーザーにとっては使いやすいものとなります。

多少費用は高くなりますが、安定したゲームライフを実現するためには、BTOパソコンが必要不可欠です。

 

対応している業者に相談して作ってもらうことが一番重要な部分であり、出来れば自分が希望しているスペックで作ってくれることを目指してください。

一応受注品としてある程度のスペックは提示されているので、その中から自分がプレイするゲームに合わせて、最適な物を購入します。

生産品なので多少時間はかかるものの、完成品で届くところが嬉しいです。