パソコンの知識が無いなら、ショップ推奨パソコンを買うのが良い

最近では家庭用パソコンの性能も上がり、パソコン一台で多くのことが出来るようになりました。
特にゲームというのは、オフラインで出来るPCゲームの他にもオンラインに接続することで不特定多数の人と一緒に遊ぶことが出来るオンラインゲームというのも、人気ゲームの一つとなっています。

 

オンラインゲームは、特にパソコンの性能を要求されるコンテンツで、デスクトップを想定してゲームが作られています。
そのため、部屋の事情などでノートパソコンしか使えないという人は遊べないのかというとそうではありません。
ちゃんとしたノートパソコンを選べば、十分ノートでも快適に遊ぶことが出来ます。

 

ゲームが出来るノートパソコンを選ぶためには、まず注意すべきポイントとしてCPU・メモリ・グラフィックボードの3つに気を付けなくてはなりません。
パソコンでゲームをする上でこの3つは特に重要で、CPUはサーバーから送られてくるデータの処理能力、メモリはデータを処理出来る量、グラフィックボードは画面に映す能力に関係しています。

 

基本的にこの3つが十分な性能を持っていれば、他のパーツ性能などはほぼ無視して良いでしょう。
MMORPGなどであれば、ウェブサイトなどに推奨スペックなどが表記されていますので、その性能に準じたパーツを積んでいるノートパソコンを選べば良いのです。

 

今はPCショップで各MMORPGの推奨スペックを満たすノートパソコンなどが作られていますので、パソコンの知識が無ければそういったパソコンを購入すれば、問題はありません。

ゲームプレイに必要なノートPCの機能

ノートPCでもオンラインゲーム等のゲームをプレイすることは可能です。

実際、ノートPCで日夜ゲームをプレイしている方は非常に多いでしょう。

 

しかし、快適なゲーム環境を求めるとなると、まずはマシン選びに少し注意したい部分もあります。
そもそも、パソコンでゲームをプレイする際、その処理を行うのはマシンのCPUです。

これは稼働中のパソコンの処理を担う部分であり、パソコンの頭脳と言われています。

 

CPUの処理能力が不足していると、近年の膨大なデータを有するゲームはスムーズに動作しません。

また、同様の理由から十分なメモリを備えているマシンを選ぶ重要性も挙げられます。

 

更に、近年のゲームをプレイするうえで欠かせないのがパソコンのビデオカードです。

ゲームをプレイしてみたいと考えたきっかけの一つに、各ゲームの美麗なグラフィックが挙げられる方も多いのではないでしょうか。

 

最近のゲームグラフィックは非常に美しいのです。

昔のゲーム画面とは異なり、奥行も立体感も備わったグラフィックが展開されています。

 

ここには3Dグラフィックと呼ばれるシステムが使用されています。

3Dグラフィックを最高の状態で楽しむ為には、ビデオカードが欠かせません。

 

市販のノートPCにはビデオカードが備わっていない場合も珍しくありません。

ビデオカード自体、パーツとしての価格は若干高めです。

 

低価格を売りにしているノートPCにはビデオカードがない可能性が高いので、ゲームプレイ用に購入するなら、きちんとビデオカードの有無を確認してから購入するマシンを決めましょう。

ゲームパソコンを購入する際のポイント

ゲームパソコン購入前に知っておきたい3つのポイント

 

ff14やドラクエ10などのMMORPGは、高画質な3Dグラフィックのゲームに分類されます。

そのため、これらのゲームをするためには、ある程度スペックの高いパソコンが必要となります。
ゲーム用のパソコンを購入する際、注目する点は3つあります。

 

CPU

 

まずは、CPUです。

CPUは、パソコン全体の処理を行うパーツで、頭脳といったところです。

数値(GHz)という単位で表されており、この数値が高ければ高い程、高性能と言えます。

また、銘柄となるCPUの種類も様々あります。

高度な性能が要求されるゲームにも十分対応できるものとして、「Core i7」や「Core i5」を選んでおけば間違いないでしょう。

 

メモリ

 

次に、メモリです。

メモリとは、データを一時的に置いておく場所です。

このメモリの性能が低いと、ゲームをスムーズに行えなくなります。

メモリは、大容量であればあるほど、快適にゲームを楽しめますが、その容量に比例して価格も上昇します。

問題なくゲームを行うためには、最低でも8GBは欲しいです。

8GB~可能なら16GBあれば、快適なゲーム環境が整います。

 

ビデオカード

 

3つ目は、ビデオカード、グラフィックカードと言われるものです。

これは、画像を表示するための大切なパーツです。

3Dグラフィックゲームにおいては、最も重要なものとなります。

最新のゲームであるff14やドラクエ10では、かなり高性能なものが必要とされます。

ちなみに、ff14では、「GeForce 8800」以上の性能のものが推奨されています。

 

ドラクエ10は、キャラクターの可愛さから、下は小学生からその親世代までの幅広い年齢層のプレイヤーが遊んでいます。

その点、ff14の方が、少しゲーム内容が複雑な面があるため、下は中高生から上は40代、50代と、少し高めの年齢層となっています。

 

これらのMMORPGは、無料期間サービスなどを利用して、一度試しに遊んでみるのが良いでしょう。